賢く加入する

女の人

生命保険、医療保障の見直し

生命保険というといろいろな種類の生命保険があります。日本国内だけでも生命保険の会社は40社以上もあります。各社保険商品もいろいろと出ており、さらにいろいろな種類の特約もあります。そのため、はじめて生命保険に入るときには何に入ったらいいのかさっぱりわからないです。でもみなさんなんとなく入っています。職場に保険のセールスレディーがきて、勧められたから入った人やみんな同じ保険に入っているから安心、人気のある商品だからといった人もいます。生命保険は、みんな入っているからや人気があるからではなく、自分にあった保険を選ぶのです。また、生命保険は加入した時の保険がずっと同じではなくライフスタイルの変化に合わせて保険見直しが必要になります。

最低限必要な保障について

生命保険というのは、死亡した時に残された遺族が路頭に迷うことのないように生活費を保障するための収入保証の保険です。また準備しておきたいのは、医療保険です。病気やけがで入院したときに備える保険です。必要な保障額ですが、独身や既婚、こどものいるいないでも変わってきます。独身だと必要保障額は300万円程度ですが、とくに死んでも困らないというのであればわざわざ生命保険に加入することもないのです。独身にもかからわずすすめられるまま加入して多額の保障額をつけて保険料がたかくなるというケースもあります。それは保険見直ししてむだを省きます。そして家族構成の変化に合わせて保険見直しが必要です。家族が増えれば保障額は増額して、子供が独立すれば減額するなど保険見直しが必要です。